2017年06月30日(金) 更新

面接の質問に答える際に知っておきたい極意

面接で答えに詰まったことのある就活生は多い

就活生の回答

  • 緊張してうまく返事ができなかった
  • あります。企業について理解不足
  • 勉強不足で質問の意図が分からなかった。
  • ない。予め練習してきたから
  • 頭が真っ白になりなにを言っているのかが理解できなかった

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「面接で答えに詰まったことはありますか?それはなぜですか?」

就活生の多くは、面接で答えに詰まった経験があるということがわかりました。「あります。企業について理解不足」や「頭が真っ白になりなにを言っているのかが理解できなかった」など、事前の企業研究不足や緊張などの理由から答えに詰まったことのある就活生が多いようです。この記事では、面接の質問に答える際の極意についてご紹介していきます。

面接の質問に上手に答えられない理由とは

面接で面接官の質問に上手に答えるというのは、当然ながら面接を合格する上でとても大事になります。しかし、多くの人が面接で上手に質問に答える事ができないと、毎年悩まれます。面接の質問に上手に答えるためには、まずはどうして上手に答えられないのかという事を知る事が重要です。それがわからないと、どうしても質問に答える事がうまくならない事でしょう。

面接でうまく話すためには頭を整理するなどの改善が必要

質問に答えられない理由としては、「緊張していて頭が回らない」、「質問に対する回答を用意していない」、「頭で考えた回答はあるものの喋ってみると喋りがまとまらない」、などが代表的なものとして挙げられるでしょう。これらを改善するだけでも、かなり面接の質問に上手に答える事ができるようになってきますから、まずはこのあたりから手をつけてみるようにしましょう。

面接の緊張を少なくすれば質問に答えやすくなる

緊張というのは質問に答える上で非常に厄介なものになります。通常時にはしっかりとした回答ができる学生でも、この緊張のために毎回上手に質問に答えられないという事は珍しくはありません。ですから、緊張に対する対策を行うだけでも、劇的に上手に質問に答えられるようになるという事も十分あるでしょう。

緊張に慣れるためにも面接の場数を踏む

具体的に緊張を和らげるためには、やはり場数を踏むという事が大切です。面接の練習をするという事はもちろん、何か人前で話す、発表するなどそういった事もこの緊張に対する慣れを作ってくれる事でしょう。 また実際にはあまり良い事とは言えないかもしれませんが、第一希望の企業の前に何社から面接をして、実戦で慣れておくというのも効果的な手になります。是非これらをやってみて、まずは緊張をなくしましょう。

質問に対する答えの準備と練習をする

質問に上手に答えるには、予め面接官のしてきそうな質問をいくつか予想をし、その回答例を作っておくという事も有効です。質問の例などはいくらでもネットで探せますから、そういったものを参考にして対策を練ると良いでしょう。 またそういった回答は実際に口に出して喋る事も大切です。いざ頭にある回答を言おうとしても、話せない人は多いです。日頃から声に出す練習をするだけでも変わってきます。

質問に対する答えを用意しても面接ではアドリブが必要

こういった回答の準備をしていても、予想外な質問が飛んでくる事は少なくはありません。そうなってしまった時に、テンパってしまわないという事も大切です。ある程度はその部分も覚悟をして、アドリブもきかせられるようにしておきましょう。 そうすれば、きっと面接の質問にとても上手に答える事ができるようになるはずです。

事前に回答の準備をして面接では落ち着いて質問に答えよう

面接での質問に上手に答えるためのポイントは、まずは緊張をなくす事、そして来そうな質問に対する回答を準備し、喋れるようにしておく事です。面接でスムーズに答えて好印象を面接官に与える事ができるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント