2019年12月18日(水) 更新

住友化学の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

住友化学の選考情報①:説明会後のリクルーター面談を経て面接に

住友化学の選考情報として、まずは選考のフローをお伝えします。説明会への参加をした後、リクルーターとの面談がおこなわれます。このリクルーターとの面談のために最低限の学歴が必要です。リクルーターとの面談後、適性検査とエントリーシートを提出し、ようやく面接となります。面接の回数もまた多く、技術系であれば自分の研究内容をプレゼンするなど、通常の企業と比べるとその選考の種類の多さ、数の多さが目立つ事になります。採用人数も多くはないため、それだけの対策や選考情報を得て挑む必要があるでしょう。

あなたの面接力はどのくらい?

面接を受ける際、身だしなみやマナーも意識する必要があります。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、面接で高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

住友化学の選考情報②:求める学歴は大卒以上

次は学歴に関する情報です。住友化学にエントリーするには大卒以上の学歴が必要になります。実際には、住友グループの中核企業であるため、難関といわれる大学の出身者が多いです。また海外赴任も非常に多い企業なので、学歴や文系、理系にかかわらず海外留学などの経験があるとより有利になるでしょう。住友化学において求められる学歴はかなり高いものといえますが、条件さえクリアすれば最低限のスタートラインには必ず立てる、と言い換える事も出来ます。

住友化学の選考情報③:気になる採用人数と配属

住友化学の採用人数は決して多くなく事務系で30名前後、技術系で100名前後になります。年度によって多少の採用人数の変動があります。2014年以降は減少傾向にあるようで、2015年の採用予定人数は、事務系が22名、技術系が66名となっています。技術系においても女性であっても確実に管理職に昇進出来ますので、男女平等が人事評価制度として存在しているといえるでしょう。

住友化学の選考情報として高い学歴が求められ採用のステップ数が多くなることを覚悟し採用人数の多くない狭き門であることも理解しておこう

以上が住友化学の選考情報としてお伝えする学歴と採用人数についての紹介になります。住友化学に入社をした人の学歴は、難関といわれる大学の出身者であることが多いようです。採用人数も多くはなく入社するだけで学歴などの苦労が伴いますが、それだけ住友化学が魅力的な会社であるという証拠でもあります。選考情報をしっかりとおさえたうえで、本番に挑みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント