2019年11月29日(金) 更新

内定辞退後に呼び出しされた場合の対処法|知っておくだけでも変えられる万が一の時の対応【拒否してもOK?】

内定承諾後の内定辞退は可能?

内定辞退後に呼び出しをされた場合の対応方法についてみていきます。
企業から内定をもらったものの、本命の企業の面接が通ってしまった!!

あなたならどう対応しますか?
本命の企業へ内定の意思がある場合、既に内定が出ている企業へは内定辞退をしなければなりません。
内定承諾後の内定辞退は問題ないのでしょうか。

内定を断る理由は「本命の企業に受かったから」

就活生が内定を断るのは、本命の企業に受かったからという理由が多い。就職活動では複数の企業に応募しますので、一番働きたいと思っていた企業から内定を出された場合は、先に内定を出してくれていた企業を断ることになります。就活生にとっては嬉しいですが、新入社員として迎え入れる準備を進めていた企業からすれば、迷惑だと感じる場合もあるようです。

内定辞退はできるがマナーに欠ける

たとえ10月1日に内定式に出席し、内定承諾書にサインしてしまったとしても、内定辞退することは可能となります。何故なら、労働者には就労において選択の自由があるからです。
ただし、いくら内定辞退ができるからと言っても、内定承諾書が契約であることには変わりありません。安易に内定承諾書にサインをしないようにしましょう。安易にサインをしたあとに内定辞退をするなど誠意のない言動をすると、呼び出しをされたりするかもしれません。

内定辞退を考えなおすように説得されることも多い

内定辞退の連絡があると、内定辞退を考えなおすように説得してくる企業も多いです。企業側も新入社員として迎える準備を進めていますし、採用するまでの段階に時間をかけていますので、自分の会社に入社して欲しいと感じているのは当然でしょう。内定を辞退すると伝えた場合、新入社員の数を減らさないために説得してくるのです。

電話で内定辞退を伝える際のマナー

電話で内定辞退を伝える際は、表情が見えない分、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは髪型などの身だしなみ以外にも、電話での受け答えや言葉遣いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。
その際に失礼が無いように参考にしたいのが「就活マナーマニュアル」です。
こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。
無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

内定辞退の呼び出しに応じるとひどい扱いを受けることがある

企業によっては、内定辞退を申し出た就活生に対して呼び出しをおこない、ひどい扱いをする場合があります。説得だけならまだ良いですが、時には説教をしたり、脅すようなことをいったりして、就活生に嫌がらせをしてきます。また、呼び出しをしてきた企業が交通費を負担してくれるわけではないので、呼び出しに応じると金銭的にも損をする可能性があります。

後輩の就職活動に影響がでる可能性もある

企業が内定を辞退しようとする就活生に対して、「今後同じ大学から応募してきた学生は採用しない」といった脅し文句を言ってくる場合があります。そうなると、自分の後輩たちの就職活動に影響が出てしまうことになるでしょう。企業からそう言われてしまうと、自分のせいで後輩達に迷惑がかかってしまうと感じますが、そもそもそういった脅しをしてくる企業であれば、入社しない方が良いと言えるかもしれません。

就職先を辞退する企業に教えないことも大切

内定を辞退すると連絡した際に「どこに就職するのか」と問われる可能性があります。その際には、自分の就職先を教えないようにしましょう。自分の就職先が、内定を辞退する企業の取引先である可能性があります。就職先の企業に迷惑をかけることがないように、自分がどこに就職するのかは教えないようにしましょう。

内定辞退を伝えた際に呼び出しを受けた場合は応じるべきか?

内定辞退を伝えた企業から呼び出しを受けてしまった場合、果たして応じるべきなのでしょうか?次に、内定辞退を伝えたあとの呼び出しに応じるのか?応じないのかについて紹介していきます。

内定辞退で呼び出しされた時の対応方法【1】内定辞退は電話かメールでOK

内定辞退を伝えた際に、それでも企業側が「一度話したいから」という理由で会社に来る様に呼び出しをされた場合には、応じる必要は全くありません。
法的な問題も一切ないため、基本的に電話やメールなどでしっかりと辞退の連絡とお詫びを伝えておけば、必ず応じなければいけないものではないのです。

内定辞退で呼び出しされた時の対応方法【2】脅しがあっても突っぱねる

内定辞退をした場合、基本的には内定辞退を受け入れてくれるでしょう。
ですが、中には脅しまがいの言い方で、呼び出し、本人に詰め寄ってくる企業もあるようです。ただし、脅されたとしても内定辞退に法的拘束力はありませんので、堂々と突っぱねてください

内定辞退で呼び出しされた時の対応方法【3】しつこい場合は無視する

呼び出しを断っても会社にくるよう連絡するのをやめてくれない時には、無視するというのもひとつの方法です。どうしても会社に出向くようにとしつこい場合は、無視するようにしましょう。就職先は個人が自由に選ぶ権利を持っています。何度言ってもひき下がらない場合は、電話を切ってしまうしか方法はないといえるでしょう。

内定辞退で呼び出しされた時の対応方法【4】場合によっては誠実に謝罪するのもOK

内定辞退で呼び出しされても応じる必要はありませんが、場合によっては誠実に謝罪をするのも良いといえます。相手に説教をされる可能性もありますが、覚悟があるのなら誠心誠意謝るようにしましょう。仕事を選ぶ権利はこちらにありますが、相手に迷惑をかけてしまったことに変わりはありません。無事に謝罪することができれば、相手も自分も気持ちを整理して次の目標に向かうことができます。

内定辞退後に呼び出しを受けた場合は誠意ある対応方法か行かないというのもアリ

内定辞退を伝えた際に、呼び出しをされた場合の適切な対応方法を紹介してきました。
内定を頂いたあとに、自分でもう一度思い直して内定辞退をするというのは、可能性として十分ありますので、そういった時にでも基本的なビジネスマナーを守って連絡を入れるのは、社会人として当たり前のマナーになります。
内定辞退の呼び出しには、慎重に対応しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】