2016年12月22日(木) 更新

リクルーター面談に遅刻してしまう際の適切な対応方法

遅刻が分かったらすぐ連絡

まず、常識として遅刻するのが分かった時点で、すぐに電話連絡をしましょう。遅刻をしてしまうのは絶対にいけないことですが、その事実が分かったらすぐに連絡をしてください。リクルーター面談をしてくれる社員の方は、自分の仕事の合間を縫ってしてくれているわけです。どんな理由があっても、遅刻はいけませんが、どうしても遅れてしまうときは、すぐに連絡をするようにしてください。

メールでの連絡はNG

メールでの遅刻連絡は絶対にやめましょう。大抵の企業は、報告や連絡は電話でおこなわれています。なかにはメールでの連絡を取り入れている企業もありますが、一般的な企業でメールにて遅刻を連絡するのは、マナー違反だと感じられます。印象もよくないケースが多いので、遅刻の連絡は電話でおこないましょう。

遅刻によって迷惑をかけることに誠心誠意謝罪する

遅刻をしてしまうことを電話で連絡する際は、誠心誠意謝罪をしましょう。相手の時間を貰っているのに、無駄にしてしまうわけです。「申し訳ない」という気持ちが見えない連絡では、リクルーター面談で良い印象のままでは通らないといえます。遅刻という事実だけで、リクルーター面談をしてもその会社には通らないと思われがちです。しかし、先ほど述べた通りリクルーターの評価基準はバラバラなので、そこでの対応方法によっては挽回できるかもしれません。その会社に入りたいという気持ちがあるなら、誠心誠意の謝罪の気持ちを見せましょう。

リクルーター面談に遅刻する時は電話で早急に連絡を!対応方法次第で印象は変えられる

いかがでしたか?リクルーター面談に遅刻してしまうときの対応方法について見てきました。遅刻をするというのは、理由がどうであれ社会人にとって、もっともしてはいけないことです。しかしながら遅刻してしまうのが分かったら、適切な対応方法が必要になります。遅刻してしまうのが分かったら、すぐに電話で連絡して謝罪しましょう。メールでの連絡はNGですので、気をつけて下さい。遅刻後の対応方法次第で、リクルーターの印象は払拭できるかもしれませんよ。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント