2016年11月29日(火) 更新

最終面接前に就活生が準備すべきこと

最終面接前に就活生が準備すべきこと①:企業・自己分析・志望動機の見直し

最終面接前は企業面接で準備が出来る最後のチャンスです。企業の社風への理解、自己分析など再度見直すことができます。最終面接前までくると自然に誰のために、何のために働くか容易に想像が出来るようになっていれば面接の突破口を見つけられるはずです。改めて志望動機などを自分の言葉で言えるように準備をしましょう。

最終面接前に就活生が準備すべきこと②:企業理念・仕事内容を振り返る

最終面接前、就活生は企業に入りたい気持ちが膨れ上がっているとは思いますが、もし就職活動の終了が目標になっている場合は注意が必要です。最終面接前になると、就活生はようやくこの苦しみから逃れられると思いがちですが、それでは突破できません。「ほかの会社でなくうちの会社に入りたい熱意があるかどうか」を面接官は必ず見ています。自然にそう思うのが重要です。もう一度社風や企業理念、仕事内容を振り返るようにしましょう。

最終面接前に就活生が準備すべきこと③:今までの面接を思い出す

就活生は最終面接前までの内容を振り返る作業も必要です。最終面接前までの就活生の筆記試験や面接のやりとりを面接官はメモをとっているので、その内容を改めて聞く場合があります。どういう問題が出ていたか、何を聞かれどのように答えたか復習をしましょう。今までの内容を踏まえ、短い期間の中で更に志望動機を膨らませ、この企業に入りたいという意思を再度準備して面接官に伝えます。

最終面接前に就活生が準備すべきこと④:身だしなみ・マナーを確認する

就活生はどんな質問をされるのだろうか、と最終面接前には面接内容にとらわれがちですが、基本を振り返るのも大切です。忘れ物はないか、身だしなみは整えられているか、など小さな落とし穴がたくさんあります。また就活生は面接の基本マナーも準備段階で振り返っておくと安心です。就活生の場合、何度も面接をしている間に慣れてくるからこそ、疎かにならないように気を付けなくてはいけません。最終面接前は万全の準備を期して面接に臨みましょう。

最終面接前は時間に余裕を持つようにする

就活生は当日が一番緊張している時です。小さな焦りが大きな焦りを生みます。そのひとつが遅刻、または遅刻をしてしまいそうになることです。間に合わないと思うと、気持ちが高揚し面接本番で落ち着いて話せなくなる可能性があります。当日は十分すぎるくらいにゆとりをもって準備する必要があります。会社の中に早めに入るのは余計に緊張するという就活生は会社に入らなくても会場圏内で時間をつぶすようにしましょう。

最終面接前は深呼吸して緊張をほぐす

就活生は緊張すると体が硬くなってしまいますが、その時は落ち着くために深呼吸が最適です。深い呼吸で全身に酸素を送ると、より頭もクリアになります。逆に浅い呼吸は余計に緊張を高めてしまうので気を付けましょう。深呼吸は最終面接前に、化粧室や控え室、面接室のドアをノックする前でも出来ます。最終面接前の準備中にも常に心掛けておきます。

最終面接前の就活生は企業・自己分析・身だしなみ・マナーの準備作業が必要

最終面接は役員が揃う就活生が最も緊張する場面です。緊張で自分らしさを表現できなくては勿体ないです。企業・自己分析・身だしなみ・マナーの準備を怠らないことで不安を解消できます。できる限り準備できることはして、後悔のないようにするのが大事です。直前は時間に余裕をもって、リラックスして臨む必要があります。そして、ここまで上り詰めた自分を信じて前向きに取り組むことが大切です。就活生の大半の人はこの準備を行っていると思い、怠らないようにしてください。最終面接前には良いイメージを膨らませて最後の砦を乗り越えましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント