2020年05月26日(火) 更新

SPI試験の結果はいつ出るのか|就活生が気になる見方と重視される項目について解説

選考結果の連絡は「1週間以内が理想」と答える就活生が多数

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「就活で試験を受けた際に、どのくらいの期間で結果が返ってくるのが理想ですか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 一週間以内
  • 1ヶ月
  • 1週間
  • 2週間以内
  • 3日

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「就活で試験を受けた際に、どのくらいの期間で結果が返ってくるのが理想ですか?」

就活生にアンケートを取ったところ、理想的な結果が返ってくる期間に関して最短は3日、最長で1ヶ月と回答がありました。しかし、最も多かったのが1週間以内という回答です。 SPIは多くの企業が取り入れている採用テストです。その結果がいつ出るのかわからなくてヤキモキすることはないでしょうか。SPIの試験の結果はいつ出るのか、また結果の見方や合格ラインはどのようになっているのかをこれから見ていきましょう。

SPI試験の結果はいつ出るのか

試験の採点結果はすぐに出る

SPI試験の採点結果は、試験終了後すぐに出ます。採点が完了すると、企業の担当者に通知されるのです。担当者宛に採点完了報告のメールが送られてきて、それから企業の担当者は結果を確認します。
採点結果を確認できるタイミングは、SPI試験の受検方式によって異なります。テストセンター・インハウスCBT・WEBテスティングの場合、結果は受検完了後すぐにダウンロード可能です。
ペーパーテスティングでは、問題冊子・マークシートを採点物流センターに送付し、到着、受付後3時間で採点結果がダウンロードできるようになるのです。
ただし、結果を確認できるのは企業の採用担当者だけです。受検者本人は見ることはできません。

企業が試験結果を出すには2週間を見ておくとよい

企業によって、SPIの試験結果が出るまでに要する期間は異なります。企業はSPI試験の採点結果を受けて受検者の選考に入りますので、企業に応募した受検者の人数によっても変わってくるのです。
早いところは1週間というところもありますが、SPI試験の結果がくるまでにどれくらいかかるのかは、一般的な書類選考期間は約2週間程度なので、それくらいを目安に考えておくと無難でしょう。

問題集を無料で手に入れよう

SPIを対策するには、多くの問題を解くことが効果的です。そこでおすすめなのが「SPIパーフェクト問題集&模試」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、計200問の例題を解くことが可能です。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。

分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

SPI試験の結果の見方と重視される項目

SPI試験の得点は標準得点で出される

SPI3 の公式ページによると、SPIの得点は、全国的な平均を「50」とした標準得点で表示されます。標準得点とは、いわば偏差値で、一般の水準と比較しやすくするために使用されているのです。
結果は100点満点ではなく、20~80の標準得点で表され、 40~60の間に全体の約7割が含まれるように調整されています。そのため、得点が40以下または60以上だと、一般の水準と比べて、とくに強い特徴をもっていることになるのです。
基礎能力検査の得点は高いほど、その受検者の能力的水準が高いことを示しています。性格検査では、得点は各尺度が持つ性格特徴の強さを表すので、「得点が高いから良い」というわけではありません。

結果の見方

SPIの結果は、どう見ればよいのでしょうか。性格検査、能力検査それぞれについて見てみましょう。
性格検査は、得点が高いほど良いというものではありません。得点が高い場合、低い場合それぞれに特徴があるのです。たとえば、「慎重性」の場合、得点が高い人は手堅く行動しますが、決断力に欠ける面があります。一方、得点が低い人は、思い切りはよいですが、しっかり考えないで行動に移ってしまう傾向にあるのです。
能力検査で測定する能力とは、学力ではなく、職種にかかわらず共通して求められる基礎的な能力で、得点が高いほど能力が高いことを示します。

SPI試験の結果は性格が重視される

SPI試験には、得点による合格ラインがあるのでしょうか。選考の基準は、企業によって異なりますので、明確な合格ラインというのはありません。しかし、能力検査は得点が高いに越したことはないので、しっかり対策することをおすすめします。
SPI試験は、選考負担を軽減するためのふるい分けの目的で実施されることもあるようですが、結果は性格の項目が想像以上に重視されます

Webテストの能力検査対策は無料の問題集を活用!

Webテストの練習をするには、問題を多く解く必要があります。そこでおすすめなのが「WEBテスト問題集」です。こちらの問題集では、玉手箱とTG-WEBに対策できる問題が非言語と言語に分かれて掲載されています。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができます。

分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

SPI試験の結果は知ることができるのか

受検者には通知は来ない

SPI試験を受検した後は、採点された結果が応募した企業に送られ、受検者本人には得点は通知されません。試験の結果は、おおよそのでき具合を推測するしかないのです。出題された問題を覚えているうちに、記録しておきましょう。自己採点することで、でき具合を推測しやすくなります。

結果を企業に問い合わせるのはNG

詳しい結果を知りたいからといって、結果を企業に問い合わせるのはやめましょう。聞いてみたところで、結果を見せてはもらえません。企業には結果を開示する義務はないですし、選考の手の内を見せることになるので、結果を見せてはくれないでしょう。企業にそのような質問をすること自体が失礼なことになりかねないので、聞かないようにしてください。

SPIの試験結果がくるまでの一般的な期間は約2週間程度が目安

SPIの試験の採点結果はすぐに出ますが、企業はその結果を受けて選考に入るので、一般的な結果が来るまでの期間は、およそ2週間と見ておいたほうがよいでしょう。
SPI試験は選考負担を軽減するためのふるい分けの目的がありますが、性格の項目が想像以上に重視されます。基礎能力に関しては、得点は高いに越したことはありません。対策を怠らないようにして、試験に備えましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント