2018年02月19日(月) 更新

最終面接で社長から受やすく対策が必要な質問3選

最終面接は2つ目的があり社長が最も聞きたいことが質問される

最終面接には二つの意味があり、ひとつが役員への確認、もう一つが入社意思確認です。前者の役員への確認とは、この就活生を本当に採用して良いのか、ということを最後に社長や役員に確認する、という意味です。そして後者の入社確認とは、就活生が本当に入社するのか、という確認です。せっかく内定を出しても入社意思がないのであれば、採用する意味がありません。社長が最終面接にいる場合は、そういった内容を知りたいと思っているので、どのような形で質問を受けても応えられるようにしておかなくてはなりません。

「最終面接は社長との面接だから落ちない」と思わない

「最終面接は社長との面接だからほぼ確実に受かる」と思っていてはいけません。実は企業によっては、最終面接こそ倍率が高い場合もあります。そして、ある調べでは社長との最終面接での合格率は約5割とも言われています。つまり、最終面接でも落ちる人は落ちるのです。そのため、最終面接で社長からされるであろう質問を予め調べておき、答えられるように対策をしておく必要があります。また、社長からの質問だけでなく、マナーや身だしなみにも注意しましょう。

最終面接で社長から受ける質問①:志望動機

では、最終面接で社長からされるであろう質問内容をご紹介します。まず志望動機です。志望動機は、はっきりと説得力のある説明を心がけましょう。これは最も大切な評価項目の一つです。志望動機で重要なのは、なぜこの企業を選んだのか、ということです。より具体的な会社の特徴に踏み込み、企業の事業ビジョンと自分の目指すキャリアとがどうマッチしているのがなどに触れ、説得力のある説明ができるようにしましょう。

最終面接で社長から受ける質問②:キャリアビジョン

そしてもう一つ、最終面接において大事な評価項目となるのが、キャリアビジョンです。これは志望動機とも関わってきますが、この企業に就職して2、3年後にどのような仕事をしていたいか、ということを述べます。しっかりと目標を持って、仕事に向き合う気持ちがあるという意思を社長にしっかりと示しましょう。ここでの解答では、企業の将来的なビジョンと、自分のキャリアビジョンが一致していることが理想的です。また、企業に入ってどうなりたいか、そのためにはどのような知識や経験を積んでいけばいいのか、といった具体的なイメージを持って説明できると良いでしょう。

最終面接で社長から受ける質問③:会社への貢献度

最終面接では、会社への貢献度についての質問が、社長から必ずと言ってよいほどされます。そこで会社へどれだけ貢献できるか、どのように活躍できるかを伝えましょう。これは自分のスキルの面でもそうですし、感情面、どれだけパッション(熱意)があるかということにもなります。前者では、自分の経験やスキルを活かして、どのように会社に貢献できるかをアピールしましょう。後者では、自分のキャリアビジョンでも良いですし、自分の視点で見て企業のどういう面を変えていきたいか、強化していきたいかを明確に述べましょう。

社長から受ける質問の意図をくみ取りながら回答するのが大事

最終面接において、社長から受ける質問にはどんな意図があるのかを考えながら回答しましょう。特に、その質問がどちらにベクトルが向いているのかを考えます。たとえば会社への貢献度を聞かれる質問では、質問に対する回答のベクトルは、企業側に向いています。「自分がこうなりたいから、結果的に貢献できる」といった、自分へベクトルが向いているような回答では、採用されません。

最終面接で社長から受ける質問で多いのは「志望動機・キャリアビジョン・会社への貢献度」

最終面接前には、社長からどういった質問を受けるのかを予め考えておき、その場でしっかりと回答できるように準備しておきましょう。最終面接では、志望動機、キャリアビジョン、会社の貢献度については必ず質問されます。それぞれ回答のベクトルがどちらに向いているのかを考えながら回答しましょう。最終面接を侮っていては、絶対に内定は獲得できません。これらの対策をしっかりと行い、見事内定獲得できるように対策をしておいて下さい。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント