2016年12月12日(月) 更新

大学3留を就活のアピールでうまく使う方法

大学3留でも就職は可能

結論から見ていくと、大学3留であっても、ギリギリ就職は出来るレベルだと言えます。確かに一回も留年していない人にくらべるとマイナス要素が多いことも事実です。ですが、大学3留であればギリギリ年齢的にはフィルターに引っ掛からないで、新卒と言えるレベルになります。ですから、就活がかなり厳しくなるとは言えないのです。

伝え方やアピールでカバーすれば良い

大学3留というのは、確実にマイナスポイントではあるわけですから、どこかでカバーしていかないとなりません。3留をカバーするためには、伝え方やアピールでなんとかしていくしかないでしょう。ある意味で大学3留というのは、他の人との差別化につながるわけですから、伝え方やアピールに気を使えば就職だってできるのです。

大学3留で就職するならまずは理由を明確にする

大学3留の就職活動をそこまで不利にさせない為には、まずは理由を明確にしていく必要があります。たとえばただ遊んでいただけで毎年のように留年と進級を繰り返していたというのでは、どうしても印象は悪くなります。反省も成長もしない人だと思われてしまうでしょう。そうではなく、相手が納得できる3留の理由をみつけるのです。

理由と共に反省していることを説明するのも大事

たとえば、アルバイトで重要なポジションについて、結果を出すことに夢中になり学業がおろそかになってしまった結果の大学3留であれば、ある意味では仕事熱心と言えるでしょう。相手も納得してくれるはずです。ただ当然反省していると説明し、今では学生の本分を思い出していることも伝えていかなければなりません。

大学3留の人は自信を持ってアピールする

大学3留の人が就活を不利にしないために必要なものは、自信です。大学3留ともなると、どうしてもそれが不利に働くのではないかと不安になってしまうものでしょう。そうして不安がっていると、お世辞にも会社の戦力になってくれるようには見えなくなります。ですから、大学3留の人は逆に、その間にしてきた経験などをアピールして、自信を見せていきましょう。

3年分人よりいろんな経験をしたと考える

周りの人が一回も留年していないのであれば、3年分多く色々と経験出来ているわけですから、アピールできることもたくさんあるでしょう。当然、それに伴い自信を持っていいのです。自信満々でアピールして、大学3留を少しも気にしていないようにアピールしていきましょう。もちろん反省を感じさせることは必要です。

大学3留は就職で不利だが理由や反省を伝えアピールすれば武器になる

大学3留は就活が厳しくなるのかということについて紹介しました。大学3留だと確かにマイナスイメージはつきがちにはなりますが、しっかりと相手を納得させられる理由を用意して、反省を見せたり経験を逆にアピールにつなげて、自信があるように見せたりすれば、不利にはなりません。そうして経験をポジティブに活かしていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【あなたの就活軸は何ですか?】テーマ別の特別選考会で早期内定が狙えるチャンス!<キャリアパーク SHIP>

    エントリー後、テーマと日程を選択してください(複数選択OK、ただし、同日開催は不可)