就活がうまくいかない人の特徴と参考になる3人の失敗談〜スグ使える会社選び・ES・面接ノウハウを徹底紹介〜

更新 / 14770 view

就活がうまくいかないと悩んでいる人はとても多い

a

「いろいろ会社を受けてみたけど、内定を一つももらえない」
「有効求人倍率が1.36倍というけど、全然恩恵を感じない!」
皆さんはこんな悩みを抱えていませんか?今は市場が活性化していて就活がしやすくなっているとはいうものの、うまくいっていない人の方が多いんです。
勝ち組先輩1000人が証言「就活は早めに限る」

内定をもらえない人が思っていること

  • どうしてうからないの!?
  • 相手に見る目がないのでは!
  • 自分に合う会社がない
  • 正直もう就活したくない
  • 友達は内定もらえているのに!
  • 世間で役立たない自分が嫌
  • 自殺しようと遺書を書いた

就活は「落ちる」人の方が多い、という現実

学生のうちに、なかなか選考を落ちる経験ってしませんよね?あるとすれば、受験くらいでしょうか。しかし、受験だとしても10校も20校も落ちるということはないですよね。
ですが、就活は違ってきます。就活は落ちるのが普通ですし、世代のトップエリート学生でない限り、多かれ少なかれみんな“お祈り”をされてしまっているんです。

大手の企業となると1万人ほどの応募者がいるので仕方ない

a

明治・サントリー食品インターナショナル・カゴメ、テレビCMでもおなじみの食品メーカーですが、これらの企業は一つの職種に対して1万人以上が応募しています。
明治にいたっては定員数4名のところに、1万1,000人ほどが応募したそうです。その倍率はなんと2,270倍。つまり2,270人いたら2,269人は落ちているということ。むしろ合格したほうが奇跡と呼べるくらいでしょう。このように大手企業は定員数が数名のところに多くの人が応募するわけですから、落ちてしまうのも仕方がないのです。

人間性を否定されているわけではない

面接で自分が思っていたことを全部話すことができた!人事の人も興味を持ってくれていたし、ここは絶対に受かった!
そんなふうに思っていた時、メールや手紙で不採用の連絡がきたら、人間性を否定された気がしてしまいますよね。
でも、人事担当者は決してあなたのことが嫌いになって不採用通知を出したわけではないのです。人事担当者はさまざまな要素を踏まえながら採用を考えています。応募者の性格は重要な要素ですが、会社が求めている能力とマッチしていなかったら落とさなくてはいけないのです。

ただ、一社でも受かれば「内定者」であることは変わらない

a

まわりの友人が内定をどんどん獲得していってしまうと、なかなか内定を取れない自分がダメに思えてしまうこともあるかもしれません。
ですが、極論を言ってしまえば友人が何社の内定を取ろうと、入社するのは1社です。そして、あなた自身が一つでも内定をとることができれば、友人と同じ内定者となるのです。その違いは紙一重といえるでしょう。周りのことを気にする必要はありません。自分の納得する企業から内定をとれるように、一緒に対策をしていきましょう。

就活がうまくいかない人の特徴5つ

a

就活がうまくいかない理由は、ESや面接以前に自分の気持ちや思考を就活に向けてコントロール出来ていないことが多いです。その人たちに共通する5つの特徴を紹介しますので、自分に当てはまるところがないか見てみましょう。
就活がうまくいかない人の特徴7つとその改善方法

①自己認知ができていない

a

よく、就活には“自己認知”が必要といわれています。就活における自己認知とは、今の自分は世間的にどのような価値があるのか、またどのような強みや弱みを持っているのか探ることです。これが出来ていないと、ESや面接で自分をアピールすることができません。

②就活に対して不安と緊張が強すぎる

a

就活は限られた選考のなかで、どれだけ自分をアピールできるのかに掛かっています。その少ないチャンスから、不安や緊張を持ってしまうのもわかりますが、できるだけ自然体の方が通過率は高くなりやすくなるでしょう。
また、周りの優秀な人達を見て、自分も変わらなきゃと思う必要もありません。普段友達と接するような自分を、どれだけ面接官に知ってもらえるのかを考えていきましょう。
なぜなら、採用面接官も人間なので「楽しい会話ができたか」「この人と働きたいと思えたか」というのはまさに感覚的なところも選考要素にあるためです。

③働くイメージが作れていない

a

就活の選考を通過するには、自分が働くイメージをつかんでなくてはいけません。入社してからすぐはどんな仕事をするのか、一番大変な業務はどんなことなのか、どんなキャリアプランが選べるのか。これらは、求人票や企業の採用ページを見ただけではわかりません。
説明会で人事担当者の人に聞いたり、OB訪問などで実際に働く人に意見を聞いたりして初めてわかるのです。

④企業・業種をしぼり過ぎている

a

「中小企業以外はほとんどブラックすれすれの労働体制」
「IT企業はたぶん難しいから自分は無理。」
このように思ってしまうと、自ら可能性を閉ざしてしまいます。
従業員が数十人しかいなくても良い会社は一杯ありますし、IT企業も教えてもらえば理解はしやすいはずです。就活での食わず嫌いはもったいないので、もっと広く視野をもつようにしましょう。

⑤ 新卒で大企業に行くことしか見ていない

a

学生の多くは、転職で大手企業に行くのは絶対に無理と考えていますが、そんなことはありません。むしろ、学生の頃は学歴の都合で大手に採用されるのが難しい人でも、数年間中小企業でスキルを磨いてから転職すれば、大企業に採用されるというケースも珍しくないのです。
就活の際には「ここに受からなければ人生終わる」と思わず、「一回ここでスキルを磨く」という選択があることも忘れないようにしましょう。

就活がうまくいかない学生が語る3つの失敗談

a

では、就活がうまくいかない人たちは、どんな失敗をしてきたのでしょうか?実際に学生が体験した失敗談を見ていきましょう。
就活の面接でやってしまったパターン別40の失敗談|実例から学ぶ教訓~あなたのエピソードを聞かれた時の対処法

失敗談①:緊張しすぎて用意していた自己PRが飛んだ

失敗談①

自分が第一志望にしていた企業の書類選考が通ったときは、飛び上がるほど嬉しかったです。そこから、学校のキャリアデザインセンターの職員と一緒に面接の回答を全部作って、それを完璧に覚えて面接に備えました。 しかし、いざ面接会場に入ると自分が思っていたよりも人がいて、この中で残れるのかとすごく不安を感じてしまいました。そして、自分の番が来て面接室に入ると、用意していた回答が一つも思い出せなくなってしまいました。 面接官の方は、笑顔で「緊張しなくてもいいよ」と言ってくれましたが、焦ってしまって質問に全く答えることが出来ませんでした。



名前:O・Iさん
希望職種:営業
大学:神奈川大学 経済学部
就活をした期間:2015年1月~2015年11月
選考を受けた企業数:約20社(説明会参加企業数:約30社)

失敗談②:50社以上落ちまくった

失敗談②

とりあえず、一定の給与水準と休日がとれて残業が少ないところをピックアップして、50社ほど受けさせていただきました。自分には3ヶ月間の留学経験があるので、それを強みにすれば、何社かには内定がもらえるだろうと考えていました。 しかし、ほとんど書類か一次選考で落ちてしまい、最終選考に進めたのも3社だけでした。それから、少し自信をなくしてしまって、それ以来就活はしていません。



名前:S・Hさん
希望職種:事務
大学:早稲田大学 法学部
就活をした期間:2015年3月~2015年9月
選考を受けた企業数:約60社(説明会参加企業数:約50社)

失敗談③:大手しか受けなかったらもう就活シーズン終盤になっていた

失敗談③

私は、絶対に大手企業に入りたいと思って就活をしていました。もともと家があまり裕福ではなかったので、お金がきちんともらえる企業が良かったんです。上場企業を中心にして受け、何社かは好感触だったものの、内定をもらえることはありませんでした。そして内定がないまま11月になってしまい、私が望んでいた企業の求人がなくなっていました。



名前:K・Dさん
希望職種:営業
大学:二松学舎大学 文学部
就活をした期間:2014年12月~2015年12月
選考を受けた企業数:約10社(説明会参加企業数:約20社)

今スグ参考にすべき就活対策情報をご紹介

a

就活は、各段階で気をつけるべき点を把握しておかなくては「失敗した」と感じてしまうことが多くなります。そのためには、もう一度最初から就活の方法を見直していく必要があるでしょう。
これから紹介するのは、内定を取りやすくするための就活術。かといって、決して悪い会社ばかり受けるというわけではないので安心してください。就活のフロー別に正しい方法を見ることで、就活の方法に変化が生まれてくるでしょう。きっとあなたの役にたつので参考にしてみてください!
就活「業界研究」で最低限押さえるべき3要点

フロー別にみる就活対策①:会社選び

a

では就活がうまくいかないとき、選考フローでどのような点を対策していけばいいのかを紹介していきます。一つひとつ確認して、自分の就活スタイルを見直していきましょう。
人気の就職企業ランキングTOP10【男女・文理別】

やりたいことが見つからないときは

意外と多い、「やりたいことが見つからない」という意見。でもそれは全然おかしいことではありません。多くの就活生が抱える悩みですし、実際に働いている人の大半もやりたいことを仕事としているわけではないのです。
もし、どの会社を見てもピンとこない、就活する気が起きない、意味が見出せないと感じているなら、いったん「就職すること」を目的としてみましょう。そして、やりたいことが無いのであれば逆にチャンスと考えるのです。やりたいことがないのであれば、どんな業界に行っても良いということ。選択肢を広げて、会社を選ぶようにしていきましょう。

卒業後はどういう生活をしたいのかを一番に考える

a

日本にはそれこそ無数に会社がありますが、そのなかの一つを選びきれない。そんなときは、自分が卒業後の4月からどんな生活を送りたいのかを念頭に選んでみましょう。
・家庭を大切にしたい
・お金をどんどん稼ぎたい
・人に感謝されながら働きたい
それこそいろんな欲求があるかと思いますが、自分はどれを一番大切にしたいのかを考えて就活を進めてみてください。

自分の現在の結果を素直に受け入れよう

トヨタ・キリン・三菱商事。このような超大手企業であれば、金銭に困ることはなく、親や友人達から賞賛されて充実した社会人生活を送ることが出来るかもしれません。 しかし、そんな大企業に行ける学生はほんの一握りです。自分を低く見積もる必要はないですが、市場と照らし合わせて自分の立ち位置を客観的に見ることは必要になります。大手企業を中心にみるのではなく、自分を必要としてくれる会社を選べるようになるといいでしょう。

自己分析のやり方は?
就活の軸を決めるススメ

フロー別にみる就活対策②:ES・履歴書

a

就活の最初の関門になるのが、ES・履歴書などの書類選考です。主に志望動機や自己PRを書くことになりますが、要点を抑えて書かなければ選考に通過するのは難しくなります。
ES・履歴書の自由記入欄の「差がつく」書き方【例文あり】

学歴が必要なのはある程度は仕方ないと割り切る

書類選考でよく聞くのが、学歴フィルターという言葉。学歴フィルターとは、ある一定以下の学歴の人は、内容や人物を見られずに選考落ちしてしまうことを指します。
しかしこれは仕方がないことだと思うしかないでしょう。学歴を重視する企業は確かに存在しますし、学歴がある人の方が、地頭が良くて成果を上げやすいということも事実です。
もし学歴フィルターで落とされたとしても、割り切って次の企業の対策をしたほうが、有意義と言えるでしょう。

採用担当は字から人物を読み取っている

a

人事担当者は、就活生が思っている以上に履歴書をよく見ています。それもそのはず、紙に書かれた情報から、人をよく見ようとしているのです。
そのなかで、書かれている字が雑に書かれていたら、いくら良い経歴を持っていたとしても選考を通過する可能性は低いでしょう。例え字が下手だったとしても、丁寧に書いてあるか雑に書いてあるかは分かります。一枚一枚魂を入れて書いていきましょう。

「能力があります」の自己PRは落ちやすい

これは人事を担当する人に共通することですが、彼らは答えを教えてもらうよりも、自分で見つけたいと思う人が多いです。そのため、自己PRや志望動機で、「自分はこんな能力があります」と書いてしまうと、響かない可能性が高くなってしまいます。
自分の能力を象徴するエピソードや体験を並べ、“人事担当者に想像してもらう”書き方をすると効果的にアピールできます。

エントリーシートの書き方はこれ

フロー別にみる就活対策③:面接

a

面接を苦手としている就活生は多いようです。書類選考は通るのに、面接は全然通らないという人もかなり居ます。そんな人が知るべき真の面接対策を紹介しますので、見ていきましょう。
面接に落ちやすい人の特徴と面接官が隠し持つ本音

業務内容や業界の研究は欠かさない

面接をうける前に、絶対徹底するのが業務内容や業界の研究です。これが出来ていないと、まず面接選考を通過することはできません。前述しましたがパソコンで調べるだけではたりません。新卒という権利をフルに使って、インターンシップ・OB訪問・説明会に参加していきましょう。

準備するトークは自己紹介と頑張ったエピソードだけでいい

a

就活に対して悩んでいるのは、学生だけではありません。人事担当者も同じように悩んでいるのです。その悩みは「どの学生も再生機のように同じことしか言わない」というもの。どの就活生も、事前に質問事項と対策を調べて丸暗記してくるので、人間性が見づらくなっているのだとか。
就活生が面接のトークで準備するのは「自己紹介」と「頑張ったエピソード」だけで十分でしょう。それ以外の質問には、そのときに考えている素直な気持ちを述べた方が、好印象となります。

面接のトークはスピーチではなく“会話”をしよう

面接官にもっと自分のことを知ってほしいから、長々と語ってしまう。このようなスピーチ型の回答も、選考に落ちる原因となります。
考えてもみてください。異性と初デートをした時、「オレは映画が好きでよく見ていて、サーフィンも得意で~」と長く語られたらどうでしょう。うんざりとしてしまいますよね?面接でも同じことが言えるのです。
就活セミナーの中には「言いたいことは全部言え」と教えているところもあるのですが、これは逆効果になることが多いので気をつけましょう。

フロー別にみる就活対策④:最終面接

a

数回の面接選考を通過して、やっと最終面接。しかしここまで来たといっても、内定競争倍率は2倍近くあります。
最終面接用の対策をしていなければなかなか通りにくくなるので、必ず確認しましょう!
就活生が知っておくべき最終面接対策のポイント25

一次・二次面接を通して“学んだこと”を具体的に話そう

最終面接にくるまでに、志望動機や自己PRを含め自分の言いたいことは言い切っていると感じている人が多いでしょう。もちろん、他の応募者も同じ状況です。その人から差をつけるには、これまでの選考を通じて学んだことを話してみましょう。
例えば、
・面接を通して感じた業界のギャップやその感想
・人事担当者に聞いた会社の仕事内容と印象
・面接官の質問に対して自分が痛感したことと、今後の工夫
このようなことを話すことができれば、面接トークのオリジナリティを高くすることができます。

「人を幸せにしたい」ではなく会社のミッションを意識して発言しよう

a

住宅販売の会社の最終面接を受けているとしましょう。このとき「うちの会社に入ってどうしたいですか?」という質問に「人を幸せにしたい」とだけ答えても良い回答とは言えません。なぜなら、人を幸せにすることはどこの会社でも達成出来るからです。
住宅販売会社のミッションは、家を売ることです。「家を売ることを通して、どのように人を幸せにするのか」を答える必要があるでしょう。

最終面接は全ての会社に100%の熱量を持とう

よく最終面接で聞かれるのは、
・我が社は第一志望ですか?
・内定を出したら入社していただけますか?
という質問です。この問いに対して、変に素直な回答をする必要はありません。堂々と「第一志望です」と答えてしまいましょう。
選考を受ける会社に優先順位をつけることなく、どの会社も100%の熱意を持って受けるのが一番です。そうすれば、内定を獲得する可能性も高まります。

就活がうまくいかないときの“逃げ道”に注意しよう

a

就活がうまくいかないと、ついつい逃げたくなってしまうこともあるでしょう。しかし、無計画に逃げてしまうと、取り返しのつかないことになる可能性があります。
就職・公務員浪人になるメリット・デメリット

就活途中で諦めて就職浪人をするのは考えもの

自分が行きたかった企業を全部落ちてしまったので、まだ就活シーズンは残っているけど就職浪人をする。この甘い誘惑には引っかからない方が良いといえます。
例え就職浪人をしたとしても、就活の難易度は変わりません。次の就活は一つ下の世代のエリートと戦うことになるだけです。
それに、同じ世代の人は就職して社会人スキルをどんどんつけていきます。就活生の一年と社会人の一年には大きな差があるのです。自分が行きたくない会社であっても、転職を視野に入れて就職することを考えた方が人生のためになるでしょう。

フリーターになって既卒就活するのは厳しい

a

とりあえず卒業して、フリーターをしながら既卒で就職活動をしようとしている人も、辞めておいた方が良いでしょう。既卒の就活は新卒就活よりもかなりハードになります。
3月になってどこからも内定をもらえなかった場合のみ、就職浪人をしたほうがいいかもしれません。

ネタづくりのために留学しようとしていませんか?

面接のエピソードで留学経験がある人の方が優遇されるので、とりあえず自分も就活中だけど留学してみる。このような選択肢もうまくいかないことが多いです。
面接で話すネタづくりに留学をしてしまうと、結局旅行と変わらなくなります。そうではなく、留学先に目的を見出して、自分自身を成長させるようにしましょう。

今から公務員や資格取得を目指して大丈夫?

a

公務員や資格を取得すれば、たしかに手堅く安定した仕事につける場合が多いです。しかし、そのような資格は大学4年から勉強するのでは間に合わないことがほとんど。勉強を逃げ道にして、貴重な新卒切符を逃す原因になってしまいます。それこそ、資格の勉強は働きながらでもできます。新卒の資格がある今しか出来ないことをまずやってみましょう。

どうしても煮詰まったら就活エージェントを利用してみよう

a

どうしても就活がうまくいかない。そんなときは一人で悩むのではなく、就活エージェントを利用してみるのもいいかもしれません。就活エージェントを利用すれば、学生一人ひとりにキャリアコンサルタントがつき、就活を徹底的にサポートしてくれます。
満足できる内定を!就活のプロ"DODA新卒エージェント"の3大セミナー

就活エージェントなら、マッチする企業をピンポイント紹介してくれる

就活エージェントの強みは何と言っても非公開求人とのマッチングです。学生とキャリアコンサルタントが面談を重ね、学生の強みや希望を反映した求人を紹介してくれます。
また、応募先の会社には調査員が労働環境を調べに行っている場合が多いので、正確な求人情報を伝えてくれるのです。残業時間・働き方・社員の雰囲気まで伝えてくれるので、自分が働くイメージを想像しやすくなります。

ES指導や模擬面接などのサポートも充実

a

ESや面接が苦手という学生は、専門のスタッフによる指導を受けることも出来ます。その際には志望先の会社に合わせた指導をしてもらえるので、かなり具体的なアドバイスをもらうことも出来るでしょう。
それ以外にも、就活についての悩み相談も行ってくれるので、まさに二人三脚で就活を行うことができるのです。

最短2週間で就活が終わる!

就活エージェントが持っている求人には、スピード選考のものもあります。応募から内定まで2週間しかかからないので、就活のストレスを短期間で解消することも可能です。
そのほかにも【コミュ障歓迎求人】【書類選考なし求人】といったユニークなものもあります。就活エージェントは全て無料で利用することができるので、興味を持ったら気軽に利用してみましょう。

就職エージェントの活用術はこちら!

就活がうまくいかない理由は就活への考え方から間違っている場合が多い!上記の対策を参考に

いかがでしたか?就活がうまくいかないと悩む人への、対策方法でした。
就活は精神的にかなり負担が掛かりますし、辛いと感じてしまうこともあるでしょう。ですが、いったん「就職する」という目的をもって、上記で紹介した対策を試してみて下さい。今までとは違った感触が得られるはずです。
また、一人で就活することに疲弊してしまった人は、就活エージェントを利用してみましょう。今よりもずっと心の負担が軽くなるばかりか、内定を獲得する確立もかなり上がるはずです。
就活の方法はさまざまな方法があります。視野をせまくして、自分自身を追い込むのではなく、いろいろな手法や考え方をして、自分に最適な道を探していきましょう!

あわせて読みたい!

【採用基準を丸裸】面接評価シート大公開!!

%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88 %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9e%a0 header2

面接官の視点、持ってますか?

「面接が得意です!いつでも自信満々にできます!」そう心から言える就活生はほとんどいませんよね?就活を行うにあたって、「面接が一番不安」というのは当たり前の話かもしれません。

そんなあなたに面接官が実際に使っている評価シートをプレゼント。
ここでしか手に入らない面接対策があります。

詳細はコチラ

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。