2017年11月09日(木) 更新

【自己PRの書き方マニュアル究極版】すぐに使えるオリジナル例文つき!

自己PRの書き方のポイント3つ

①言いたいことは1つに絞る

まず、自己PRの書き方のポイントについてご紹介します。ポイント1つめは、言いたいことは1つに絞るということです。例えば「私は責任感や協調性があり、計画性を持って行動できます」という内容だと、自己PRで何を1番伝えたいのか企業側にわかりにくくなります。そのため、自己PRでは言いたいことは1つに絞って伝えましょう。

②最初に結論を述べる

ポイント2つめは、最初に結論を述べるということです。「私の長所は○○です」のように結論を最初に書くことで、企業側は就活生の伝えたい内容が理解しやすくなります。
自己PRは、基本的には【現在・過去・未来】という順番で書くようにしましょう。【現在】の部分では結論を書き、【過去】の部分では今までの経験を織り交ぜながら理由を話すと良いです。最後の【未来】の部分では、企業でどのように活躍したいかなどを述べましょう。このような流れで書くことで、自己PRはわかりやすいものになります。

③エピソードは具体的に書く

ポイント3つめは、エピソードは具体的に書くということです。企業側は多くの就活生の自己PRを見てきています。ありきたりな内容や抽象的な自己PRであると企業側に印象は残りにくいです。そのため、自己PRのエピソードは具体的に書き、説得力があるものを作成しましょう。また、エピソードを述べたうえで、その経験を仕事でどのように活かしたいかも盛り込むと良いです。つぎに、自己PRのパターンごとに例文をまとめたものをご紹介します。

①「責任感」を題材にした自己PR

自己PRの題材1つめは、「責任感」です。責任感をアピールすると、「仕事を最後までやり遂げる」「役目を果たす」のようなイメージを企業側に与えられるでしょう。そのため、企業側に責任感をアピールしたいと考える就活生は多いといえます。責任感があることは、仕事をするうえでも大切になる長所です。ぜひ、自己PRの例文の参考にしてください。

②協調性を題材にした自己PR

2つめにご紹介するのは、「協調性」を題材にした自己PRです。仕事をするなかで、多くの人と協力したり接したりする機会は多くあります。協調性があることをアピールすると、「チームワークを大切にする」「仕事が円滑に進められる」などの印象に繋がるでしょう。協調性をアピールする際は、具体的なエピソードを交えて説得力を持たせられる自己PRを作成しましょう。

③計画性を題材にした自己PR

自己PRの題材3つめは、「計画性」です。仕事のなかには、提出期限があるものやノルマが課されているものなどが多くあります。そのため、計画性は仕事をするうえでも必要になるのです。例文を参考にして、計画性があるという長所をアピールしましょう。

④「集中力」を題材にした自己PR

4つめは、「集中力」を題材にした自己PRです。集中力があると業務にしっかり取り組めるといえます。集中力を自己PRの題材にする際は、企業側が「この就活生は集中力がある」と思えるように、具体的なエピソードを書きましょう。

⑤「行動力」を題材にした自己PR

自己PRの題材5つめは、「行動力」です。「行動力」をアピールする際は、しっかり考えたうえで行動したエピソードを伝えられるとよいでしょう。先のことを考えずに適当に行動したことを「行動力」としてアピールするのはよくないです。具体的な「行動力」のエピソードをもとに、企業側の印象に残る自己PRを作成しましょう。

⑥「努力家」を題材にした自己PR

6つめにご紹介するのは、「努力家」を題材にした自己PRです。「努力家」も、自己PRで取り入れたいと考える就活生が多い題材だといえます。そのため、努力家をアピールする際は、ほかの就活生と差別化できる内容を書く必要があります。また、企業に合ったエピソードだとなおよいでしょう。

⑦「几帳面」を題材にした自己PR

7つめは、「几帳面」を題材にした自己PRです。几帳面という長所は、企業側に「丁寧に仕事ができる」「ミスが少ない」のような印象を与えられるといえます。自己PRで几帳面を題材とする際は、その長所をどのように仕事に活かすのかも伝えられるとよいでしょう。

⑧「向上心」を題材にした自己PR

8つめにご紹介するのは、「向上心」を題材にした自己PRです。向上心をアピールできると、「前向き」「努力する」「真面目に取り組む」のようなイメージを企業側に与えられるでしょう。また、向上心を持って物事に取り組める人は、仕事をするうえでも評価されやすいといえます。自己PRでは自分の経験や実績、数値なども取り入れながら、向上心をアピールできるとよいです。

⑨「笑顔」を題材にした自己PR

9つめの自己PRの題材は「笑顔」です。接客業や誰かのお世話をする仕事では、笑顔は大事となるでしょう。笑顔は場を和ませたり、安心感を与えたりできるといえます。自己PRでは、笑顔がどのように仕事に役に立つのかも書けると良いでしょう。ぜひ、例文を参考にしてください。

⑩ムードメーカーを題材にした自己PR

つぎに紹介するのは「ムードメーカー」を題材にした自己PRです。ムードメーカーは、「明るい」「周りを引っ張る」のような印象を企業側に与えられるといえます。具体的なエピソードを交えながら、そのムードメーカーがどう仕事に活かせるのか書きましょう。

⑪負けず嫌いを題材にした自己PR

つぎに、「負けず嫌い」を題材にした自己PRをご紹介します。負けず嫌いは「頑張り屋」「精神的に強い」「諦めない」などのイメージを与えられるでしょう。自己PRでは、その性格がプラスになったエピソードをはじめ、負けず嫌いになったきっかけも交えられると良いです。

⑫学生時代の経験を題材にした自己PR

部活動の経験

学生時代の経験を題材にした自己PRについて見ていきましょう。まず、「部活動」を題材にした自己PRです。部活動での経験を題材に自己PRする就活生は少なくありません。部活動をしたことがある就活生は多いためです。部活動の経験を自己PRする際は、取り組んだ内容や学んだことなどを盛り込み、それをどう活かすのか企業側に伝えられるようにしましょう。

研究

さいごに紹介するのは、「研究」を題材にした自己PRの例です。研究を題材にした自己PRは、とくに理系の学生に多いといえるでしょう。自己PRする際は、研究から得られたことやその知識をどう活かすかなども書けるとよいです。

自己PRの例文を参考に内定・採用を目指そう

本ページでは、自己PRの書き方のポイントや「協調性」「責任感」などパターンごとの例文をご紹介しました。自己PRの書き方のポイントとして【言いたいことは1つに絞る】【最初に結論を述べる】【具体的に書く】ことが挙げられます。就活の自己PRでは、しっかりと書き方のポイントをおさえて作成しましょう。そして何より大切なのは、自分自身をしっかりと伝えようとする意欲です。ポイントをおさえて内定を勝ち取る自己PRを作りましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント